徳之島天城町
行政
観光産業総合トップ
行政TOP 役場からのお知らせ イベント情報 くらしの広場 天城町のすがた
平土野の街並のライブカメラ

今日の天城町の天気
メニュー
おすすめページ
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
人口と世帯数

 平成29年11月1日現在
 世帯数 3,128世帯
 男性 3,146人
 女性 2,974人
 合計 6,120人
過去履歴


トップ  >  行政  >  お知らせ  >  保健福祉課  >  くらしの広場  >  保健福祉センター  >  健康づくり  >  こころの教室  >  伝える*伝わる
伝える*伝わる

~ 水科江利子先生 講演会~

平成24122日(日) 「伝える*伝わる」(子育て支援専門職対象)












質問の力
 聞かれると「なんだっけ?」と自分の中に答えを探す。(インナーグーグル)リラックスしている時、脳は情報をひっぱりだしやすい。沈黙は深く自分を探っている大切な時間。「早く答えなさい」とせかさず、待ってあげることが大切。マツダミヒロさんの「魔法の質問」よりエピソードを幾つか抜粋。子どもを尊重して自由に答えられる環境をつくる。

イメージの力
 梅干を想像すると口の中が酸っぱくなる。バレリーナを想像して入り込む体験をすると前後で身体の柔軟性が違うことを感じる。子どもたちに対して「自分の身体に限界はない、自分が思っている以上に可能性があるんだよ」と伝える事の重要性。脳は意識:無意識が1:20000といわれている。そして無意識を整理し やすくするためにx=yというプログラムをつくる。このx=yは繰り返すことやインパクト
によって強化される。このx=yという思い込みには利点欠点がある。
セルフイメージをどうプログラムするか。

全部わかろうとするのは難しいけど、わかろうとするのはコミニュケーションでできる。 自分でも理解できないことが起こるのが思春期。自分でいいんだと思えるサポート体制をつくる。「できたことを認め、子どもそのままを認める。自分を認める」 大人は「過去」に囚われ「不安な未来」生きようとしているが、子どもは「今」を生きている。自分の解釈をもって人の話を聴くのではなく、ただ聴く姿勢。 人間には「視覚型」「聴覚型」「感覚型」がある。