徳之島天城町
行政
観光産業総合トップ
行政TOP 役場からのお知らせ イベント情報 くらしの広場 天城町のすがた
平土野の街並のライブカメラ

今日の天城町の天気
メニュー
おすすめページ
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
人口と世帯数

 平成29年11月1日現在
 世帯数 3,128世帯
 男性 3,146人
 女性 2,974人
 合計 6,120人
過去履歴


トップ  >  行政  >  お知らせ  >  社会教育課  >  5月 講演会の報告
5月 講演会の報告
公開日時:2014/05/28 16:40

世界自然遺産への道のり
平成26年5月10日(土)14:00~15:30
ユイの館 1階 アリーナ

 
 【左】天城町役場企画課
   岡崎 幹人 氏
 【中】環境省 徳之島 自然保護官
   渡邊 春隆 氏
 【右】環境省 徳之島 自然保護官補佐
   吉野 琢哉 氏
 

 
現在、日本の自然遺産は
 H5  屋久島 , 白神山地
 H17  知床半島
 H23  小笠原諸島        の4ヶ所です
そこで、2年後の奄美・琉球世界自然遺産登録を目指し、講演会が開かれました。
 
 
 
1.世界自然遺産とは?
 1972年に採択された「世界遺産条約」に基づいて、国連教育科学文化機関(UNESCO)の「世界遺産リスト」に登録された遺産のこと。登録基準は自然景観、地形・地質、生態系、生物多様性の4つであり、1つ以上に当てはまる世界的に重要な価値をもっていることが必要です。
種類 自然遺産・文化遺産・複合遺産(自然遺産・文化遺産の両方の要件を満たす。例:ペルーのマチュピチュ)
 
奄美・琉球の候補地:奄美大島・徳之島・沖縄北部やんばる地区・西表島
 
徳之島の豊かな自然
◇豊富な水…年間降水量2,000mm
◇亜熱帯性気候で照葉樹林の森がある → めずらしい
◇様々な地形…山地、河川、珊瑚礁
 
2.徳之島の何がすごいのか?
①固有性
 島の面積248㎢ → 地球の陸地面積の0,0002% と、小さい島ですが様々な生き物がいます。
アマミノクロウサギ(奄美大島・徳之島のみ生息)   ケナガネズミ(奄美大島・徳之島・やんばる地区のみ)   イボイモリ(奄美大島・徳之島・やんばる地区のみ生息)  オビトカゲモドキ(徳之島のみ生息)  アマミヤマシギ  アカヒゲ  アマミハナサキガエル
トクノシマエビネ(徳之島のみ)  オオアマミテンナンショウ(徳之島のみ)  タニムラカンアオイ(徳之島のみ)
【レッドリストに追加された生き物】アマミマルバネクワガタ  アマミシカクワガタ  ヤマトサビクワガタ(徳之島のみ)  マルダイコクコガネ  ヒメフチトリゲンゴロウ 

 
標本:岡崎さん
大陸とくっついたり、離れたりを繰り返し → 大陸では絶滅した生物が残り(肉食動物がいなかった為)島にとり残された生物たちが独自に進化 → 世界でここだけの固有性!!
 
②多様性
日本で確認された種のうち、奄美群島で確認された種の割合
植物:22% 鳥類:47% 両生類:20% 淡水甲殻類:32% など、奄美群島の国土面積(0.3%)に比べて高い
 
③希少性
絶滅危惧動物が小さな島々に多く残る
 
世界自然遺産たる徳之島の価値
→ その地にしかいない(固有性)
多くの種類の(多様性)
貴重な生き物(希少性) がすむ自然
 
3.世界自然遺産登録へ向けた取り組み
重要な地域の保護や希少動植物の保護
 ○生態系に悪影響を及ぼす外来生物への対策(ノイヌ・ノネコ・ノヤギ・オオキンケイギク・ホテアオイ 等)
 ○持続可能で良質な利用体験の提供(受け入れ体制 等)
 
国立公園の指定について
希少な動植物は山岳部に多いにもかかわらず奄美群島国定公園(昭和49年指定)では、海岸部がほとんど
→山岳部を中心に国立公園にする取り組みが進められている
奄美群島の国立公園像
 ○生態系管理型国立公園…生き物に配慮して管理する
環境文化型国立公園…人と自然の密接な関わり自体を価値とする
  この2つを理念に基づいて管理していく
 
希少動植物の保護対策
平成26年4月1日から飼い猫管理条例が施行され、飼い猫を登録することが義務づけられました。
 
他にも
特別保護区・特別地域の規制内容
国立公園指定・世界自然遺産登録によるメリット・デメリット 等を説明
 
渡邊保護官は「世界遺産をきっかけに自然に目を向けてほしい」との言葉で締めくくりました。

 

多くのご参加ありがとうございました。



天城町歴史文化産業科学資料センター ユイの館(85-4720)

前
星空観察会~春~
カテゴリートップ
社会教育課
次
スポーツ少年団、始動!