徳之島天城町
観光
行政産業総合トップ
観光TOP 知る 遊ぶ 行く 食べる 泊まる
平土野の街並のライブカメラ

今日の天城町の天気
メニュー
おすすめページ
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
人口と世帯数

 平成31年1月1日現在
男性 3,099人
女性 2,942人
総人口 6,041人
世帯数 3,117世帯
過去履歴
ふるさと納税の詐欺サイトにご注意ください
ふるさと納税の受付を偽装した詐欺サイトの存在が確認されています。
本町へのふるさと納税は、下記サイトからお願いします。


【ふるさと納税専用サイト】
楽天ふるさと納税
ふるさとチョイス


松原銅山
公開日時:2011/03/01 00:00

 
 松原銅山は明治37年(1903年)ごろ、亀津の徳三和富が発見した。徳は、講道館柔道九段で有名な徳三宝の父である。
松原鉱業所には、本土からたくさんの鉱夫が入り込み、飯場を作って寝泊りもしていたが、地元の松原や前野・岡前・浅間からもたくさんの青壮年が通勤で働いた。鉱内勤務は午前6時から午後6時まで一番方、正午から夜の12時まで働く二番方、さらに午後6時から翌朝6時まで働く三番方の三交替制であったが、三番方への出勤希望者が少なく、そのため三番方には二割増の賃金を払ったという。
 鉱山開発で、松原部落は全島の人たちが往来するようになり、宝土ほうど)部落には食堂や飲食店などがひらかれ、大変な賑わいだったという。

◎ストライキ
昭和5年12月20日発行の「鹿児島県警察誌」によると、大正2年から9年までの間に、5回にわたる賃上げ等待遇改善のストライキが起こっている。(注)大島郡初のストライキである。

中腹にある展望台
 
地図情報
前
さとうきびの碑
カテゴリートップ
あまぎ満喫! 天城町観光総合案内
次
塩田発祥の地 “塩浜”