徳之島天城町
行政
観光産業総合トップ
行政TOP 役場からのお知らせ イベント情報 くらしの広場 天城町のすがた
平土野の街並のライブカメラ

今日の天城町の天気
メニュー
おすすめページ
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
人口と世帯数

 平成29年11月1日現在
 世帯数 3,128世帯
 男性 3,146人
 女性 2,974人
 合計 6,120人
過去履歴


トップ  >  行政  >  お知らせ  >  保健福祉課  >  くらしの広場  >  保健福祉センター  >  保健予防  >  10月は臓器移植普及推進月間です
10月は臓器移植普及推進月間です
公開日時:2014/10/03 13:58

10月は「臓器移植普及推進月間」です


臓器移植とは?
臓器移植とは,重い病気や事故などにより臓器の機能が低下し,移植でしか治療できない方と死後に臓器を提供してもいいという方を結ぶ医療で、善意による臓器の提供がなければ成り立たない医療です。日本で臓器の提供を待っている方は、およそ13,000人です。それに対して移移植を受けられる方は、年間およそ300人です。
 
臓器提供とは?
臓器提供とは、「臓器の移植に関する法律」により,心臓停止後又は脳死後に,臓器移植でしか病気の治療ができない方に,臓器を提供することです。
臓器の提供にあたっては,本人の意思が尊重されることになっています。自分が脳死状態になって最期を迎えたとき,誰かの命を救うことができます。臓器提供の意思表示に御協力ください。なお,本人の意思が不明でも,家族が臓器提供を承諾すれば行うことができます。また,有効な意思表示ができない15歳未満の方からも家族の承諾があれば,臓器提供ができます。
 
臓器提供の意思表示方法
意思表示の方法としては,意思表示カードや運転免許証,健康保険証での意思表示とインターネットによる意思登録があります。
 
臓器提供意思表示カードについて
カードは,ご自分の考えで
1.脳死後及び心臓が停止した死後のいずれでも提供
2.心臓停止後に限り提供
3.提供しない
の意思表示ができます。
※カードは常に携帯し,できれば家族にも意思を伝えておいてください。
※臓器移植意思表示カードは,保健福祉センターの窓口などに設置されています。
※医療保険の被保険者証や運転免許証の裏面にも,意思表示を記載できるようになってきています。
※インターネットによる意思登録については、携帯やパソコンから,公益社団法人日本臓器移植ネットワーク(http://www.jotnw.or.jp/)へアクセスしてください。
 
アイバンクへの登録(眼球の提供)
眼球の提供については,公益財団法人鹿児島県角膜・腎臓バンク協会(http://k-zouki.org/)でも登録することができます。

臓器移植法の改正について
平成22117日から臓器移植を提供する意思表示に併せて,親族(父母・配偶者・子)に対し,臓器を優先的に提供する意思を書面によりできるようになりました。
平成22717日からご本人の臓器提供の意思が不明な場合も,ご家族の承諾があれば臓器提供できるようになりました。
 
 

前
7月28日は「日本肝炎デー」です。
カテゴリートップ
保健予防
次
低線量CTによる肺がん検診の検診費を県が一部助成します!