徳之島天城町
行政
観光産業総合トップ
行政TOP 役場からのお知らせ イベント情報 くらしの広場 天城町のすがた
平土野の街並のライブカメラ

今日の天城町の天気
メニュー
おすすめページ
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
人口と世帯数

 平成29年11月1日現在
 世帯数 3,128世帯
 男性 3,146人
 女性 2,974人
 合計 6,120人
過去履歴


トップ  >  行政  >  お知らせ  >  教育委員会総務課  >  頑張りました!日本復帰記念 『第40回 天城町中学校英語暗唱・弁論大会』
頑張りました!日本復帰記念 『第40回 天城町中学校英語暗唱・弁論大会』
公開日時:2017/11/07 10:08
 11月2日、天城中学校にて『第40回 天城町中学校英語暗唱・弁論大会』が行われました。






大勢の観客や生徒たちがいる中、

堂々と大きな声で、22名の天城町内中学生たちの発表がありました




第1学年のペアによる英語暗唱では

身振り手振りのくわわった、とてもわかりやすい英会話。


















第2学年、第3学年の部では

『Try to be the Only One』(唯一の存在を目指して)

という英文の暗唱発表でした。



皆さん、英文の内容を理解し

心のこもった素晴らしい発表でした!



















審査員の先生方も

皆さんの発表に対し

甲乙つけがたいとおっしゃられていたほど

誰もが熱のこもった素晴らしい発表でした。












次に弁論の部では

自分の夢や戦争のことをテーマとした

普段皆さんが思っていることを

短い時間の中でとてもわかりやすくまとめられた発表でした。



















観客者であるわたくしたちに

何かを改めて考えさせられるきっかけであったり

勇気付けさせられた

とても素晴らしい弁論の時間でした。

























また2年後も開催される予定です。



まだ挑戦していないあなた、



次回はあなたの夢や思いを聞かせてください!!!


Believe your self and try to be the ONLY ONE!



最後に

今回の弁論大会の閉会式の際に

生徒が朗読した詩を紹介させていただきます。



『島』 
泉 芳朗(徳之島出身の詩人。奄美群島日本復帰運動の父と呼ばれる)


私は 島を愛する
黒潮に洗い流された南太平洋のこの一点の島を
一点だから淋しい
淋しいけれど 消え込んではならない
それは創生の大昔そのままの根をかっちりと海底に張っている
しぶきをかけられても 北風にふきさらされても 雨あられに打たれても
春夏秋冬一枚の緑衣をまとったまま
じっと荒波のただ中に突っ立っている

ある夜は かすかな燈台の波明りに沈み
ある日は 底知れぬ青空をその上に張りつめ
時に思い余ってまっかな花や実を野山にいろどる
そして人々は久しいあわれみの歴史の頁々に
かなしく 美しい恋や苦悩のうたを捧げて来た
わたしはこの島を愛する

南太平洋の一点 北半球の一点
ああ そして世界史の この一点
わたしはこの一点を愛する

毅然と 己の力一ぱいで黒島に挑んでいる この島を
それは二十万の私 私たちの島
わたしはここに生きつがなくてはならない人間の燈台を探ねてー
  

 

 

カテゴリートップ
教育委員会総務課
次
☆『かごしまの教育』県民週間☆天城町 小中学校行事一覧