徳之島天城町
観光
行政産業総合トップ
観光TOP 知る 遊ぶ 行く 食べる 泊まる
平土野の街並のライブカメラ

今日の天城町の天気
メニュー
おすすめページ
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
人口と世帯数

 平成29年11月1日現在
 世帯数 3,128世帯
 男性 3,146人
 女性 2,974人
 合計 6,120人
過去履歴


トップ  >  観光  >  知る  >  天城町町制施行50周年記念式典 ~ダイジェスト
天城町町制施行50周年記念式典 ~ダイジェスト
公開日時:2011/10/26 14:30
天城町町制50周年記念式典 ~ダイジェスト

日 時 : 2011年10月15日(土)午後2時~
場 所 : 天城町B&G海洋センター体育館




式典前日から秋雨が降り続いていました。




雨のなかスーツ姿で交通整理。










お疲れさまです。
 

 
 
 

式典会場入口では、 町制施行50周年記念グッズが販売 。


全国から寄せられた148点のなかから選ばれたゆるキャラ
あまぎくん」、「アマリン」、「うぎうさぎのかわいらしい姿もあります。
天城町ゆるキャラ  →  ゆるキャラ詳細




 受付の様子。














 












入口で来場者の方々を笑顔でお迎え。








  







雨にもかかわらず、美しい着物姿の女性も数多くお越しくださいました。



















///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

<天城町町制施行50周年記念式典プログラム>

1.開式のことば ・・・ 天城町副町長 森田 弘光

2.国歌斉唱

3.物故者及び東日本大震災犠牲者への黙祷

4.式辞 ・・・ 天城町長 大久 幸助

5.名誉町民顕彰

6.町政功労者表彰・感謝状贈呈

7.来賓祝辞   
   ・国会議員
   ・鹿児島県知事   
   ・県議会議長
   大島郡町村会長
  
8.祝電披露
  
9.町民歌斉唱
 
10.閉会のことば ・・・ 天城町教育長 吉田 時充


★記念講演
安栖 宏隆 先生 (国土交通省国土政策局特別地域振興官)
      演題:これからのまちづくりへのメッセージ

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////





















天城町の医療及び介護・福祉の充実に大きく貢献された
徳田虎雄氏に
天城町5人目の名誉町民顕彰を授与

左/大久幸助町長                   右/徳田虎雄氏の代理・秀子夫人



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

天城町町制50周年記念式典表彰者    
(順不同・敬称略)

【名誉町民顕彰】
徳田 虎雄(鹿児島)


【地方自治功労者】
向井 正明(岡前)
西川 悦子(平土野)
藤山 茂宏(兼久)
上田 テル(松原)
高 とし子(与名間)
窪田 庫人(西阿木名)



【社会福祉事業功労者】
盛 悦子(平土野)
貞山 和恵(三京)


【地方自治功労団体表彰】
宝土後貯蓄組合(松原)
古玄貯蓄組合(松原)
中町貯蓄組合(平土野)


【教育文化功労者】
中林 祥子(瀬滝)
松村 省三(当部)
森田 克己(前野)
森田 美咲(前野)
宮村 美希(浅間)
上岡 秀昭(浅間)
小林 豊彦(前野)
柏井 永光(平土野)


【産業経済功労者】
新納 啓武(天城)
貴島 昊(天城)
若山 光秀(三京)
鶴田 和枝(天城)
前川 忠義(松原)
禎村 良信(兼久)
中島 宏昌(沖縄)
柏井 敏夫(鹿児島)
三島 初子(大阪)
島田 寛(大阪)
藤井 壮望(東京)
大吉 平造(東京)
川上 重武(天城)
松林 照雄(平土野)
 
平井 
 一(兼久)


【一般篤行功労者】
上田 スエ子(松原)
清田 和子(浅間)
益満 友忠(東京)
武原 徳光(松原)





受賞されたみなさま、誠におめでとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 



 
★安栖 宏隆氏の記念講演 「これからのまちづくりへのメッセージ」


互いに顔が見える小規模なコミュニティ <農業 → 特産品 → 観光>

◎特産品 → 高くても買ってもらえるようブランドづくりを。
※ブランド・・・品質、ストーリー、無農薬等のこだわり、そして"信頼”が不可欠。

◎観光 → ホスピタリティーをもって、島の魅力を味わえる態勢づくりを。
※ホスピタリティー・・・相手が求めている以上のものを先読みして提供。


■安栖氏の7つの提案
① 戦略的であること(目的をしっかり決めて、計画行動を立てる)。
② 天城町の強み、弱みを理解する。
③ イノベーション(変革をする)。
④ 新しい価値を発信する。
⑤ 奄美全体を使って、天城町をアピールする。
⑥ 斬新な発想をもつ若者、他地域の出身者もどんどん活用する。
⑦ 防災に力を注ぎ、非常時にも強い安全・安心な町づくりをする。




約90分に及ぶ力強い講演に、真剣に耳を傾ける会場。

















最大の課題は、
一度島を出た子どもたちが島に戻れるよう、
残れるようにできること。

各々が天城町の50年を振り返り、
天城町のこれからを、
未来を考えているに違いありません。







天城町の50年間を振り返る写真が展示。
懐かしそうに、あるいは感慨深げに写真を眺める姿も多く見受けられました。
















   
厳粛な式典および特別講演が終了したのは16時半頃。



 式場をでたところで、郷土のお茶うけとお茶が準備されていました。
そこでみなさん、ほっと一息。

こうした“おもてなし”が島の最高の魅力のひとつ。


















おいしい郷土料理をお届けして下さるいつもの顔ぶれ。
島のみんなのやさしいお母さんたち。






 
次はいよいよお待ちかね!!
会場をお隣のスパーク天城に移して、「天城町町制施行50周年祝賀会」です!



次号【天城町町制施行50周年祝賀会~ダイジェスト】へ続く




【文・写真/安積美加】
 
前
天城町町制施行50周年 祝賀会 ~ダイジェスト(前編)
カテゴリートップ
知る
次
「みんなおいでよ!子供と空と夢をつなぐ、楽しいひととき!JACフェスティバルin徳之島 2011」