徳之島天城町
観光
行政産業総合トップ
観光TOP 知る 遊ぶ 行く 食べる 泊まる
平土野の街並のライブカメラ

今日の天城町の天気
メニュー
おすすめページ
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
人口と世帯数

 平成30年6月1日現在
 世帯数 3,130世帯
 男性 3,119人
 女性 2,973人
 合計 6,092人
過去履歴


トップ  >  観光  >  知る  >  島口と島唄に触れる  >  天城町のふたりの歌姫が優勝を飾る! ~南の島の小さな歌姫たち
天城町のふたりの歌姫が優勝を飾る! ~南の島の小さな歌姫たち
公開日時:2012/01/24 18:25
森田美咲ちゃん 宮村美希ちゃん 優勝おめでとう!!

 
前列左から宮村美希ちゃん、森田美咲ちゃん、宮村裕花ちゃん。後列、森田葉月ちゃん。優勝の表彰状だらけだ。



天城町町制施行50周年記念式典と祝賀会で大いに盛り上がった2011年10月15日(土)。
記念式典表彰者「教育文化功労者教育文化部門」には
森田美咲ちゃんと宮村美希ちゃんの名前があった。

彼女たちは 昨年6月にもご紹介させていただいた 
天城町を代表する歌姫。  →前回の歌姫ご紹介記事へ 

式典の際、制服姿で表彰台に立っていた 美希ちゃんは 、
祝賀会では 森田葉月ちゃんと 共に着物姿で堂々とステージを飾った。

美咲ちゃんの姿が見えないなぁ。
そう思っていたら、
「美咲ちゃんは全国大会へ出掛けている」
と聞いた。
彼女たちが全国大会へ行くことが、まるで当たり前のように聞こえるのは、
こちらの感覚が少しマヒしているかもと思いつつ、彼女たちの活躍を喜んだ。


 

週末の50周年イベントを満喫し
心地よい倦怠感が残る週明け月曜の朝、
新聞を開くと
なんと美咲ちゃんが優勝との記事が目に飛び込んでいた。

これはぜひともお祝いの言葉をかけたい!! 
大会会場の東京から戻ってきたばかりの美咲ちゃんたちを訪ねた。





2011年10月開催
 「民謡民舞全国大会」  民謡青年部旗戦 優勝
森田美咲ちゃん(徳之島高校2年)

「昨年はゲストとして出たけど、出演者として出るのは初めて。
自分は年齢が一番下の方なので、思いっ切り唄えればいいかなと思っていました。
そして、なんとか思いっ切り唄えました。
次はNHK(日本民謡フェスティバル)内閣(総理大臣賞)を
取りたい」
早くも次の目標へ意欲的な美咲ちゃん。
 
「将来の夢は大学や専門学校に通いながら歌手にチャレンジすること。
学校に通っている間に進展がなければ医療関係へ進みたい」
 堅実に人生を考えるしっかり者です。
 




2011年8月開催
「民謡民舞少年少女全国大会
(日本一決定戦)」
小学校四・五・六年の部 
優勝
宮村美希ちゃん(岡前小学校6年)

「実感はない けど、嬉しいの一言。
いっぱい賞状をもらうのが目標
本番前に泣いてしまうくらい緊張するという美希ちゃん。
緊張を乗り越え、今回はじめて日本一になりました。
おめでとう!!





 
歌姫たちを指導しているのは おじいちゃんの森田克己さん。克己さんのおうちへお祝いに駆けつけたみんなで優勝を祝って乾杯♪ 



「ここの家のスゴイところは、教室に通わせるのではなく、
民謡が得意でもない森田克己じいちゃんが教えていること。
おじいちゃんが教えて、孫たちがついてくる。
好きだということが伸びる秘訣なんだろうね。
本当にすごい!」
お祝いに駆けつけた田畑彰洋さん談。
 





美咲ちゃんのお父さんもお母さんも

「民謡はまったく」と言うから驚きだ。 










お父さんの森田博二さんは
「嬉しい。何と言ったらいいかわからない・・・」
美咲ちゃんの偉業を言葉で表現するのが難しいほど嬉しい様子で、
感慨深く表彰状をじっと見つめていた。





 美希ちゃんのお父さんの宮村善仁 さんは
 日本一になった歌姫たちの栄誉を
「自然にしゃべっちゃいけないほど、
すごいことなんだろうな」


お父さんたちの言葉は、
ごくごく普通のご家庭から立て続けに 日本一が輩出されたんだな
と思わせてくれるほのぼのとしたお言葉。
気負うことなく、のびのびと自由に唄える環境が
プラスになっているのだろうと想像できる。





 
歌姫たちを指導するのはおじいちゃんの森田克己さん。
 意外や克己さんは音楽は得意だけど民謡は苦手だとか。

「民謡は子どもからやらないとダメ。
声が出来上がってからでは遅いのです。
孫に何か残せないかと思って民謡を教え始めました。
三線はいくつでも買うし、大会もどこへでも連れていきます」


毎晩、民謡を教えているお孫さんたちの快挙に
涙が出るほど嬉しい。一生のお金で買えるものじゃない
と笑が溢れる。



 ~ 優勝を勝ち取ったふたりの歌姫からみなさまへメッセージ ~

宮村美希ちゃん (上段右) 
これからもがんばります。
また考えます
・・・(思考中)」



森田美咲ちゃん (上段左) 
今回の大会では
たくさんのみなさんに応援していただいて
最高の成績を残すことができました。
これからもっと上を目指していけるように
日々頑張っていきたいと思いますので、
これからも応援よろしくお願いします!
イベントのときは呼んで頂ければ 用事がなければ 
行きますので呼んで下さい!!





小学校6年生の美希ちゃんは恥ずかしがり屋さん。
しっかり者の美咲ちゃんは「用事がなければ」を強調しつつも、
精力的にイベントに参加する意向。
ぜひイベントに呼んであげて下さい!!


前列左は美希ちゃんの妹・ 裕花ちゃん(岡前小1年)、前列右は美咲ちゃんの妹・葉月ちゃん(岡前小4年)


前回の取材からわずか半年ほどの間に、最高の成績をおさめた歌姫たち。

短期間に、天城町からふたりも優勝者が輩出されるとは。
日本一とはこんなにポンポンと出てくるものなのかと心底驚かされた。
これからもその素直で伸びやかな唄声を全国に響かせて!




 

南の島の小さな歌姫たちの

伸びやかな唄声が日本中に響き渡る!

天城町の、島の未来は明るい!!





【文・写真/安積美加】 

カテゴリートップ
島口と島唄に触れる
次
南の島の小さな歌姫たち ~徳之島から日本一へ!